• IYOCHAN DIARY

    2023.12.16(土-朝 天気:曇り)
    歓喜するということ・・・

    みなさ~ん、おはようございます いよちゃんです。ただいま朝の3:10です。今日はお仕事は自分はお休みさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

    先日嫁っ子と静岡県袋井市にある法多山尊永寺(はったさんそんえいじ)にお参りにでかけてきました。毎年ご祈祷をお願いしているのですが、そのご祈祷が始まるまで時間があったので2人でベンチに座りお話していると嫁っ子が最近読んでいる本のお話になりました。


    名物の厄除けだんごも食べてきました

    『ぱっと開いたところを、いよちゃんに読んであげるね~』とさっと本を手持ちバックからとりだして、見開いたそのページを読んでくれることに。こちらはなんかおみくじを待つような心境です(笑)(ちなみに嫁っ子からも、いよちゃんと呼ばれております)

    そして嫁っ子が見開いた本の1ページにかかれていることは
    『自分が歓喜することを軸とする』という内容でした。
    その話を聞いていていよちゃんは思わずハっとするのです。何でもすぐお仕事に結びつけて考えてしまうのですが、僕のお仕事であるエクステリアプランナーは仕事内容として、土地の形状やお客様の要望をお聞きし今までの自分の経験をふくめた知識を加えながらエクステリアのプランニングをしていきます。
    またそのお仕事の経験がながければ長いほど作製プランはある意味熟成されていくのが通常なのだと思います。

    しかし、経験がながければ長いほどそのプランを作っている事自体がルーティンワーク化してしまい、楽しかったり・ワクワクしたり・のめり込んだりする気持ちは日々の仕事の中でどうしても『雲隠れ』しがちなのです。
    実際、雲に隠れている時間も必要なのかもしれませんが、雲1つなく晴天であることはお仕事を長く続けていくにはとてもとても大切な事だと気づかせてくれた言葉(歓喜)でした。

    でもそこで1つわからないことがありました。
    歓喜の『』という漢字はどういう意味なのだろう・・・???と。『歓喜』のは字のとおり『よろこぶ』なので意味はわかります。ウンウン。

    スマホを取り出してさっそくAI君に聞いてみました。

    AI君:「歓」の漢字は、喜びや楽しみといった意味を持っています。この文字は、人々が喜びや幸せを表現する様子を象徴しています。また、「歓喜」という言葉は特に大きな喜びや満足を表す表現として使われることが多いです。

    歓喜とは『喜び+喜び』という意味なのですね。深い・・・。それを聞いていよちゃんは『喜び+喜び』をもって更に喜びを産んでくれる『喜び+喜び+喜び・・・+喜び』
    そんなお仕事や生き方がしたいと感じた嫁っ子からのお話でした。嫁っ子ちゃん、いつもいろいろ教えてくれていつもありがとうございます。

    そしてそしてご祈祷あとの帰りには、美味しい厄除けだんごも食べて無事帰路につきました。とっても素敵な一日になりました。

    今日の施工例は一条工務店さんのお家の外構づくりのショート動画です。
    夜中や明け方の時間はブログや動画などの作業時間しています。昼間は各現場が動いているので、身体の芯はそちらに置いております。

    自分達の外構づくりの基本的考え方・・・それは『現場はLIVE』🌈
    またこの考え方については改めて書かせていただきますね~

    本日もお読みいただき誠にありがとうございました。今日も皆様にとってより良い一日となりますように。
    今日も皆様にトビッキリのサチアレ~~~!!!

  • IYOCHAN DIARY

    2023.11.20(月-夜 天気:晴れ)
    表札の美しさ・・・

    みなさ~ん、こんばんは いよちゃんです。今日もお疲れさまでした。お風呂に入って身体を休めましょうね~🌈

    一条工務店のお家の外構です

    外構施工前の様子


    美しい表札

    光る表札はそれだけで美しいです

    リビングからバリアフリーでタイルデッキへ

    表札で門柱もオシャレに

     

    今日の施工写真は一条工務店さんのお家の外構づくりです。シンプルなラインの中に温もりを加えて温かみとオシャレさを演出しております。
    そしてあえて塗り壁門柱にして、光る表札をアクセントに採用させて頂きました。この表札は丸三タカギさんの『アルキア・シャープ』という新商品です。シンプルな中にも美しさがある商品で、外構全体の品をあげてくれています。

    お庭部分はリビングのカーテンを開けれるようにタイルデッキ+目隠しフェンスの組み合わせです。バリアフリーでタイルデッキに出られますので、リビングもより広く感じることができます。

    全体はオープン外構ですが、お庭部分だけクローズの形にするとより暮らしは豊かさを感じられますね。今回も素敵な外構づくりができて嬉しく思います🌈

    本日もお読み頂きありがとうございます。明日も皆様にとってより良い1日となりますように・・・
    明日もみんなにとびっきりのサチアレ~~~!!!

  • IYOCHAN DIARY

    2023.4.6(木-朝 天気:雨)
    答えは案外近くにあるもの・・・

    みなさ~ん、おはようございます。いよちゃんです。ただいま朝の4:40分。今日は雨の天気です。できることを進めていければと思います。今日もお仕事楽しみですね🌈

    いよちゃんは定期的に会いにいく方がいます。3年前に工事させて頂いたお客様で『教える』をお仕事にされていた方です。その方の経験や考え方・心の持ち方を教えてもらいに2~3カ月に1回、お話を聞きにいきます。いよちゃんがこの方を好きであることが理由かもしれませんが、お話を聞くといつも府に落ち、そして毎回なぜか体が軽くなる感覚を覚えます。

    昨日もお話を聞きにおじゃまさせて頂きました

    お仕事で壁にぶつかった時やチャレンジして次のステージにいこうとしている時、以前はその答えは、『遠くにある登るのも難しい山のむこう側』と思っていました。わざと答えを複雑にしてしまうクセが自分にあったと思います。でも求めていたその答えは案外、自分の足元におちていることに気づけるようになりました。

    教えてくれるのは、職人チームであったり、仕事仲間であったり、お客様だったりします。自分の現在地と目的地をつたえて、色々な人に相談できるように変化できるようになりました。これはコロナのこのタイミングだったからかもしれませんし、相談できる相手はそもそも近くに存在したことに気づいていなかったことに気づけたからなのかもしれませんね。I様、昨日はお時間頂きありがとうございました。またおじゃまさせて頂きます。次回もよろしくお願いいたします。

    クローズスタイルの外構

    外構施工前の様子です

    今日の施工写真は一条工務店さんのアイスマートのお家の外構づくりです。このスタイルは『クローズスタイル』という外構のスタイルとなります。今回もAIくんに『クローズスタイル』について聞いてみたいと思います。

    「クローズ外構」とは、建物と外構を一体化した外構のことです。つまり、建物と外構が調和している美しい外構になります。外構が建物と一体化しているため、建物のデザインに合わせた外構ができ、より統一感のあるデザインに仕上がります。また、クローズ外構は、建物の内部と外部を繋げることができるため、建物内部の広さも感じられます。

    クローズ外構は、一般的な外構と比較して、費用がかかることが多いですが、投資に値するデザイン性や将来的に得られる付加価値を考えると、検討に値するでしょう。また、クローズ外構は、建物との一体化により、遮音性や断熱性にも優れているため、快適な住環境を実現することができます。

    以上が、クローズ外構についての簡単な説明です。建物と外構を一体化させることで、美しさと実用性を兼ね備えた外構を作ることができますので、外構づくりを考える際には、クローズ外構もぜひ検討してみてください。

    ウムウム、なるほど・・・。いよちゃんの解説がったら『囲んだ外構です』で終わっていたと思います(笑)。流石AI君ですね、今回も解説ありがとうございます。

    本日もお読み頂き、ありがとうございます。みなさまにとってよりよい一日となりますように・・・

    今日もみんなにとびっきりのサチアレ~~~!!!